信州の名工 宮澤義茂

2009年11月 弊社会長の宮澤義茂が「信州の名工」に選ばれました。

信州の名工

 

1968年に勤めていた東京都大田区の企業が廃業することになり、フレキシブルチューブ製造事業が無くなるのは残念であり、私が引き継ぐことを決意し、故郷坂城に戻って創業しました。
それから45年、好不況の波を乗り越えつつこの坂城の地で「フレキシブルチューブ」を作り続けてまいりました。

その過程として2009年に長野県から『信州の名工』に選ばれたことは、いわゆる一つの私へのご褒美であり長年製造業に携わってきた『一人の技術者の誇り』とするとともに、創業以来今日までお付き合いいただきましたお客様をはじめとし、多方面に渡りネットワークの信頼関係を築いてまいりました協力会社様、そして良い時も悪い時も一緒に過ごした『弊社従業員』という『人と人とのつながり』があったからこそと感謝しております。

 

現在、フレキの製造は後継者である息子に引き継ぎ、静かに見守っているところであります。フレキ製造の実績と経験は十分とは言えませんが、私の持っているすべての知識を息子に託し、『技術の伝承』を『匠の技』という形で残していければと願っています。