1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

COMPANY

会社案内

会社沿革

OUTLINE

1968年5月 長野県埴科郡坂城町坂城7006番地にて個人企業創業。
1970年4月 神奈川県茅ヶ崎市に東京出張所を開設。
1971年6月 長野県埴科郡坂城町坂城7007番地に工場新設、移転。
1973年5月 日信工業(株)と資本提携、資本金500万円にて株式会社日信大門製作所として発足。
1984年4月 株式会社大門製作所に組織変更、フレキシブル・チューブの製造だけに方向を決定する。
1988年2月 車載用のCDプレーヤー、液晶テレビ用フレキシブル・アームを開発、製造販売を始める。
1990年5月 ソニーとの共同開発による、車載用後方確認システムの販売開始、並びにシステムの特許取得。
1991年2月 業務拡大のため第2工場新設。
4月 東京都中野区上鷺宮に東京営業所移転。
9月 5S導入、ISO9001認証取得の基礎になる。
1992年9月 横浜エイロクイップ株式会社(現・横浜ゴムMBE)とアッセンブリ指定店契約を結び、高圧ホースの販売を始める。
1993年5月 昭和工業株式会社とアドべンス・チューブの販売代理店契約を結び、販売を始める。
8月 国内唯一のエスター・カラー・パイプの製造販売を始める。
1994年2月 SBCテレビ「SBC特集」に弊社社長が出演、好評を得る。
5月 TBSテレビ「報道特集」で再度放映後、全国で大反響となりお問い合わせを多数いただく。
1995年11月 資本金を1000万円に増資。
1997年10月 ISO9001を認証取得する。
1998年2月 長野オリンピック開会式の天皇陛下開会宣言ご専用マイクロホン(Panasonic社製)に弊社フレキシブルスタンドが採用される。
5月 創業30周年を迎え、弊社ホームページを開設。
2004年12月 φ2からの細物フレキに対応するため専用巻線機を導入。
2006年5月 宮澤興道が代表取締役社長に就任、宮澤義茂は代表取締役会長に。
7月 フレキの信頼性向上のため、屈曲耐久試験機を新規製作し導入。
2008年1月 ISO14001を認証取得する。
4月 環境社会活動の一環として千曲川クリーンキャンペーンの清掃活動に参加。
5月 創業40周年を迎える。
2009年11月 会長宮澤義茂が「信州の名工」に選ばれる。
2011年4月 カラーパイプの生産を終了。
2018年5月 創業50周年を迎える。
2019年11月 ものづくり補助金により、ショットブラストを新規導入。
2021年7月 ホームページをリニューアル。